最新情報詳細

九頭竜フェスティバル えいへいじ大燈籠ながしに行ってまいりました!!(名古屋営業所)

DSC_2414DSC_2419DSC_2420DSC_2426DSC_2432DSC_2434DSC_2436

今年も永平寺にて毎年の夏の終わりに行われる大燈籠ながしに

添乗員として参加させていただきました。私たちのグループは1泊2日のご旅行です。

今年で第26回を迎えるこの永平寺町の真夏の夜の大イベント。

日本一の大燈籠ながしとして名高いこの行事に、実は初参加のワタシ・・・。

期待に胸を膨らませながらいざ福井県へ!!

 

当日、愛知を出発した際には曇り空から雨がしとしとと落ちてきていたのが

福井県に入る頃にはすっかりと晴れ空が顔をのぞかせてくれました。

 

本番はもちろん夜のため、少し早い夕食を門前にて。

その場で、皆さんにもお流しする、願い燈籠をお一人ずつ書いていただきました。

 

夕闇がだんだんと近づく頃、会場である九頭竜川へ。

皆さんにはメインステージ前の桟敷席をご用意させていただきましたが

お昼からイベントや盆踊り大会が行われていた会場は既に屋台や人で大賑わい。

辺りも暗くなる頃、永平寺より150人もの役寮さん、雲納衆の方々がおいでになり、

大施食法要が始まりました。

参加者の方々もお焼香をすませいよいよ燈籠ながしの時間となりました。

お手持ちの燈籠に火を点け、河川脇からひとつひとつご自分の手で燈籠は流されていきます。

さまざまな人々の想いや願いを乗せながら約1万個にも及ぶ燈籠が流れていくさまは

夏の終わりにふさわしい何とも言えない情景を醸し出していました。

燈籠ながしが終わると花火によるフィナーレへ・・・

 

皆さんいろいろな思いを口々にしながらバスに戻ってこられました。

私たちの団体は山中温泉にてお泊り。

2日目も鯖江のめがねの里や、御誕生寺への参拝などを行い、一路愛知へ。。。

帰りのバスは昨日遅かったこともあり、皆さんご就寝タイム。

帰り際に本当に素晴らしかった。またぜひ来年も!と多くのお客様が声をかけてくれたのが嬉しかったです。

 

ご興味持たれた方・・・ぜひ来年のお申込み、お待ちしております!!

名古屋営業所 伊藤 洋平